Thursday, November 09, 2006

郷中教育

薩摩(今の鹿児島)には、地域の人材を育てる仕組みとして

『郷中教育』

というものがありました。
この環境の中から、西郷隆盛、大久保利通、村田新八などなど
明治維新の偉人達が多数育っていったのです。
ココでは、その郷中教育について、鹿児島市の『維新ふるさと館』発行の情報誌よりご紹介します。

<以下「維新ふるさと館だよりVol.1」より引用>

幕末維新期に多くの人材を生み出した薩摩藩。その行動力や結束力を育てたのが、薩摩藩独自の「郷中教育」でした。
郷中とは、同じ方限(地域)における武家の青少年教育のことで、藩校とは別に、学問や心身の鍛錬を目的とした“学びの場”であり、年長者が年少者を指導する仕組みになっていました。知識や教養とともに彼らが学んだのは「実践」の重要さでした。「日新公いろは歌」第一首が示すように、机上の学問だけでなく、それをもとに、武士としていかに生きていくべきかを追求していたのです。

いにしえの 道を聞きても 唱えても
わが行ひに せずば甲斐なし
(日新公「いろは歌」第一首)
<以上>

この郷中教育によって、
☆ 身につけた知識や生き方を実践すること
☆ 弱いものをいじめてはいけないこと
☆ 謝罪している(降伏している)ものを許すこと
など、たくさんのことが家庭や地域のなかで浸透していったと言うことです。

1 Comments:

Anonymous かごしまかわら版 管理者 said...

[フードゲッター]です。
いつも楽しくブログを拝見させて頂いております。
私が作成した[鹿児島のグルメ・観光情報館]というサイトに是非参加していただけませんか?
サイトURL:http://www.edita.jp/kagoshima-food

参加するにあたり、日々何かすることが増える訳ではありません。
今までどおり、ブログの記事を書いているだけでOKです!

是非、ご参加いただければ幸いです。

お手数ですが下記のURLより参加、または参加拒否を決定頂ければ幸いです。
URL:
http://www.edita.jp/admin/sub_editor_answer.php?s=a2Fnb3NoaW1hLWZvb2Q=&e=a2Fnb3NoaW1hLWZvb2Q3NTg4&i=MTEwNDQ=

どうか宜しくお願い申し上げます。

管理URL:http://www.edita.jp/admin/admin_login.php
editaトップページ:http://www.edita.jp/
editaに関するお問合せ:http://www.edita.jp/admin/question_form.php

11/11/2006 12:15 PM  

Post a Comment

<< Home